インジケーター手動リセット方法 ベンツ合鍵 各種メーター修理 DASベンツテスターの販売

その他修理

ベンツ メンテナンスインジケーター手動リセット方法(ユーザー口コミ情報)

ベンツ
(1999年モデル位までの Aクラス、Eクラス、Cクラス、Gクラス、Cクラス、CLKなど)

メンテナンスインジケーター(メーター液晶表示部分)にエンジンオイル.、エレメント、ワイパープレードなどの交換時期をお知らせしてくれるものです。

(前回リセットしてから1年または15000km走行後)のどちらかに到達した時点でスパナマーク約10秒間が点検時期までの日数または年間の走行距離に応じて点灯します。

キーを差し込んだイグニッションスイッチの番号

0:オフ
1:アクセサリー
2:オン
3:エンジン始動
ボタン(0):トリップメーターリセットスイッチ  (メーター向かって左側の+-ボタンの下)

1.イグニッションスイッチをオン(2)
2.トリップリセットボタン(0)を2回すばやくダブルクリックのように押す
3.インジケーターにスパナマークと数字が表示
4.イグニッションをACC(1)にする
5.ボタン(0)を押したままイグニッションをオン(2)にする
6.そのままボタン(0)を10秒ほど押し続ける
7.ピーと言うアラーム音(鳴らない場合もある)が鳴る
8.インジケーターが 15000になります

リセット後のメンテナンス時期は1年後または15000km走行後になります。メルセデスケア(保証期間)の残っている車両は保証対象外になってしまいますので実行しないほうがよいです。

その他の車種
W203  Smart  W168  W211 R230AMG

*リセット出来ない場合はディラーに持ち込むかテスターを完備している所に行って下さい

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

携帯・PHS・指定地域外 048-449-7220